忍者ブログ
問います。あなたの答えで私を迷いから救って下さい。



[4]  [3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「野に咲く花は幸せですか?」


昔読んだ本に書いてあった一文です。

何の本だったかは、忘れてしまいました・・・。

すごく印象に残っていて、今でも時おり思い出します。


これを第一の問いとします。

この問いの答えを持っている人がいたら、教えて下さい。


大人になった今でも、迷い迷い、悩み悩んで生きています。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
来てください
大丈夫ですよ
迷う時は門を叩けと言います
どんどん悟りに向かえばいいのですね
東洋思想~ブログ村繋がり

まあ癒し系我孫子系カフェはじめます
青野信 URL 2009/04/05(Sun)03:19:29 Edit
すくなくとも
不幸ではありません。
不幸な理由を探してください。
無いはずです。
CyberBaba URL 2009/04/05(Sun)23:34:30 Edit
無題
不思議なアプローチのブログなので、ふと、書き込みします。
野に咲く花は、とっても幸せになれますよ。大切なことは、他と自分を比べないことです。私は若いころ、平均以上が幸せで、平均以下が不幸せだと思っていました。そうすると、いつも何かが欠けていて、いつも不幸せなものでした。
けれど、人は、どんな人も、何かが欠けているのです。
でも、欠けているからこそ、欠けている人の気持ちが分かるのです。そのとき、欠けている人の手助けができます。
その例が、ヘレンケラーです。ヘレンケラーは、世界の福祉を作り、点字を作り、世界20カ国を歴訪し、世界の人々の勇気と希望を与えました。ハンデこそ、その人の持つ使命の翼です。
野に咲く花には、野に咲く花にしかできない仕事と幸せがあるのです。
菊川広幸 URL 2009/04/07(Tue)05:59:45 Edit
無題
『上弦の月を喰べる獅子』、でしょうか?
to 2009/07/15(Wed)00:29:01 Edit
無題
迷い悩み咲いてると思います
優しいエールを送れば
優しいエールが返ってくると思います
赤いポスト 2009/09/29(Tue)13:50:27 Edit
幸せです
不幸ではないと思えば
幸せです

不幸だと思えば
幸せではないはず
さよこ 2009/10/21(Wed)23:56:02 Edit
幸せではない
野の花は「幸せ」という文字を知らない。
ただ咲くのみ。
mi 2010/01/21(Thu)00:02:55 Edit
一言で尽くせないものです。
この問いに、回答するならば、
そもそも「幸せ」とは、何か。
これが鮮明になっているか否かが、
その回答が曖昧模糊にならない不可欠な条件となります。
何が幸せで、何がそうでないか。
生きとし生けるすべてにとっての、
幸せとは何か。
その鮮明な回答は、仏陀釈尊が説いておられます。
私は、回答があると確信しておりますが、
書けと言われてすぐに書けるものではありません。
しかしその回答を伝えるために生涯を捧げて生かされています。
よろしかったら、ブログへお越し頂き、メッセージでも頂ければと思います。
原田講平 URL 2010/07/23(Fri)10:40:20 Edit
はい。
私だったらこう言います。
野に咲く花は幸せですか?

はい、私は、幸せです。

そして私は、笑います。
野に咲く花は、笑うから。野に咲く花は、無惨に踏まれるから、野に咲く花は、輝くから…
野に咲く花は、幸せです。
かな 2010/08/15(Sun)00:26:21 Edit
無題
咲くのはみずからの生命の充実。
咲くのを他者に愛でられるのもまたよろこび。
二つところに幸あり。
オックス URL 2010/11/25(Thu)03:54:06 Edit
無題
 私はこの聖句を贈ります。 

野の花、空の鳥を見なさい▲

 だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。こういうものはみな、*異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。

(マタイの福音書6章25~34節)

とっちゃン URL 2011/05/02(Mon)11:50:05 Edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
一無
性別:
非公開
ブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
スポンサード リンク
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[07/30 まめ]
[05/02 とっちゃン]
[03/10 天一国市民]
[02/18 おほほ弟子]
[11/25 オックス]
最新TB
バーコード
ブログ内検索


忍者ブログ   [PR]